BLOG ドゥミ ルネサンスのキレイ応援コラム

現在、池袋店にて行われている『ヨガマスタースクールⅡ』に参加させていただきました!

 

え?何それ!?

 

と思われる方も多いのではないでしょうか。

 

『ヨガマスタースクール』は、普段のレッスンとはひと味違います。

 

毎週決められた曜日に決められたメンバーでレッスンを行い、

 

じっくりとヨガを深めていける“ヨガ好きのためのルネサンス認定校”です!

 

「ヨガが好きで更にポーズの完成度を上げたい方」や「ヨガを通してじっくりと自分と向き合いたい方」にぴったりなスクールなんです。

 

そのスクールが今年度も池袋店にて開催され、私も参加させてもらいました!

 

感想はというと・・・

あっという間の濃厚な2時間。

 

初回を受けてもうすでに、「来年も受けたいな!!」と思っちゃいました。()

 

それは、「できていなかったこと」と「できたこと」の、2つの気づきがあったからです。

 

まずは、「できていなかったこと」。

 

今まで私のコブラのポーズやVのポーズは、勢いや反動・力づくでやった気になっていたんだということに気がつきました。

 

実は、効くべきところにちゃんと効いていなかった!

 

先生の仰るポイントに気をつけてやったら、

 

腕がこんなにプルプルするんだ?

脚が上がらない!え、こんなに重かったっけ??

 

と、現実を突きつけられてショックを受けましたが、これが今の自分の身体なんだと向き合う時間になりました。

 


そして、「できたこと」。

 

ポーズの完成度を上げるために、先生から「宿題ね♪」と効果的なエクササイズを教えてもらえます。


それを家でくり返して、1週間後のスクールでは・・・

 

「あれ!ポーズがとりやすくなってる!!」と、自分の身体の変化を感じました。

 

 

二人組になってお互いの身体を見あったり、瞑想や調気法を学ぶ時間もありました!

 

いつものレッスンとは違う方法で、さらにヨガを深めることができるスクールでした。

 

 

そんな『ヨガマスタースクール』も今年度は今週で修了し、7月からは、未来のインストラクターを育てる『ヨガ講師養成コース』が始まります!

 

ドゥミの先生方は、元々は会員さまだった方も多いんですよ(^^)

 

 

来年もきっとチャンスはありますので、『ヨガマスタースクール』も『ヨガ講師養成コース』も、興味がある方は是非声かけてくださいね♪


おはようございます!
6月の第3日曜日。今日は父の日ですね。
皆さまはどんな過ごし方をされますか?

「ありがとう」のカードを渡したり、プレゼントを贈ったり、肩をもんで疲れをねぎらったり。
感謝の気持ちの伝え方は、さまざまだと思います。

毎日お仕事を頑張っているお父さんにとっては、何気ない話をしながら笑って一緒に過ごす時間が、一番の贈り物なのかもしれません^^
お父さんの日頃の疲れも吹き飛ぶような、素敵な家族団らんの一日になりますように♪


長く走っていると、次第に息が切れてきますよね。
どんなスポーツもそうですが、適切な「呼吸」のもとにトレーニングを行えれば、身体を動かしやすくなり、トレーニング効果の向上にもつながります。

本日は、ランニング時の呼吸のポイントについてご紹介します!

●1.吸うよりも「吐く」ことを意識する
---------------------------------------------
個人差はありますが、一回一回の呼吸で身体に取り込める空気には限度があります。
苦しくなると「空気を吸わなきゃ!」と思いがちですが、呼吸が浅くなるほど、新しく取り入れられる空気は少なくなってしまいます。
長く走って苦しくなったときこそ、より新鮮な酸素を取り込めるように、しっかりと吐ききることが大切です。

●2.腹式呼吸でたくさんの空気を取り入れる
---------------------------------------------
腹式呼吸は、胸式呼吸に比べて多くの空気を取り込めるだけでなく、動くのが主におなか周りの筋肉だけなので、呼吸そのものによる疲れが少ないというメリットがあります。
また 腹式呼吸を続けていくと、呼吸に必要な筋肉が鍛えられ、より多くの空気を吸い込むことができるようになりますよ♪

●3.最適な呼吸は「自分のペースに合った呼吸」
---------------------------------------------
体育の授業で「スッスッ、ハッハッがいい」と習った方も多いと思いますが、走るペースや歩幅、一度に吸える空気の量は人によってさまざまです。
「スーー、ハーー」が合う方もいれば、「スッスッ、ハーー」がしっくりくる方もいらっしゃいます。
さまざまなパターンを試す中で、自分が走りやすい、動きやすいと思える呼吸を探ってみましょう!

腹式呼吸を練習するときは、寝転がった状態で行うとおなかのふくらみが分かりやすいですよ^^

【ランニングシューズ購入時のポイント】
お店で履いたときにはぴったりに感じたのに、いざ走ってみるとなんだかしっくりこない、足を痛めた…という経験をされたことはありませんか?

本日は、ランニングシューズを購入する際のチェックポイントをご紹介します!

●1.買いに行く時間帯は午後(できれば夕方)
---------------------------------------------
体内の血液やリンパは、重力に逆らって循環を行っているため、起きてから時間が経つにつれてその循環が鈍くなり、足がむくんできます。
人によっては、朝と夕方で1cmも足のサイズが変わるということも。
「長距離走後の足の状態に近い」という側面もあるので、適切なサイズ選びのため 購入はぜひ午後に!

●2.靴下を持参
---------------------------------------------
生地の厚さや素材感は、サイズ選びに大きく影響します。
ランニングのときに履こうと考えている靴下を持参し、より使用時に近い状態で履き比べましょう。

●3.初心者の方は安定性重視がおすすめ!
---------------------------------------------
「柔らかくて軽いのがいいランニングシューズ!」というイメージをお持ちの方もいらっしゃるかもしれませんが、それらは上級ランナー向きのシューズとなります。
着地から蹴り出しまでの間に靴と足にブレが生じやすいため、ランに慣れていないうちは、体勢を崩して足を痛める原因にも…。
初心者の方は、ソールが厚く安定性のあるシューズで始めて、正しいフォームを身につけていくのがおすすめです♪

上記のほかにも、「かかとが浮かないか」「立ったときに爪先が自由に動くか」という点もチェックするべきポイントです。
専門知識を持った店員さんに相談するなどして、正しいシューズ選びを行い、安全で快適なランニング生活を楽しみましょう^^

こんにちは。

 

新緑がきれいな過ごしやすい季節になりましたね。

最近は気温も高く、梅雨を通り越して夏が来たのではないかと思うくらい暑い日が続きましたが、皆さま体調はいかがですが?

 

熱中症なんてこともニュースなどで耳にしますので、皆さま外出される際は暑さ対策をされてお出かけください。

 

 

私の最近のお出かけはというと、先日世田谷美術館で開催されている「エリックカール展」へ行ってきました。

皆さま一度は読んだことがあるのではないでしょうか?「はらぺこあおむし」で有名な絵本作家です。

 

色の魔術師と言われるほど色鮮やかな色彩感覚を持つエリックカールの世界は見ているだけで気持ちが明るくなりました。

 

美術館というと大人というイメージがありましたが、お子様連れの方も多く来館しており親子で楽しめる展覧会でした!

 

私もいつか母親になったら自分の子供にたくさん絵本を読んであげたいなと思います。

RECENTLY

2017.06.23

『ヨガマスタースクールⅡ』体験レポ♪

2017.06.18

6月18日は父の日♪

2017.06.14

【ランニングのときの呼吸のコツは?】

ARCHIVE
PAGETOP
CLOSE

詳細条件からさがす

ご希望の条件を選択の上「検索する」ボタンをクリックしてください。

  •  年
  •  月
  •  日