BLOG 田町・三田店 スタッフブログ




イチゴはハウス栽培も盛んで一年を通して食べられますが、今の季節が一番美味しいです。

イチゴの楽しみ方はたくさんありますが、手軽に作れるストロベリームースをご紹介します。


(1)イチゴとグラニュー糖、レモン汁をあわせてミキサーにかけます。フードプロセッサーでも代用できます。

(2)ぬるま湯に溶かしたゼラチンを(1)のミキサーに入れ、更に混ぜます。

(3)充分にミキサーにかけたら、カップに注いでラップをかけて冷蔵庫に保存します。

(4)ムースが固まったら、飾り付け用に半分に切ったいちごを載せます。

  (1)のペーストを出来上がったイチゴムースに更にかけても美味しいですよ♪





ふんわり軽い食感が美味しい!!

チロシンたっぷりのタケノコを♪


春を代表する食材のタケノコ。カリウムや食物繊維、ビタミンEやチロシンが含まれていることで知られています。

特にチロシンは脳を活性化させ、ドーパミンやノルアドレナリンといった神経伝達物質の元になる栄養素として注目されています。

そんなチロシンを効果的に摂るには炭水化物と一緒に食べるのが一番なんです。


タケノコご飯は脳に栄養を送るぴったりな組み合わせですね!!


(1)茹でたタケノコを細切りにして水を入れたボウルに浸します。

(2)油揚げは熱湯に通して油抜きし、細切りにします。

(3)炊飯器にお米と酒、みりん薄口しょうゆをあわせた調味料とだし汁を加えます。分量はお米の量に合わせます。

(4)茹でたタケノコや油揚げを(3)に加えて炊きます。

(5)炊きあがったら、全体をほぐして余分な水分をとばして器に盛ります。


お好みで鶏肉を入れても美味しいですよ。




食物繊維もたっぷり摂れる♫

みなさんこんにちは!

池袋東口店の“ぴーや”こと佐藤です!!

みなさん『ヨガ』は好きですか?

私は、7年前にヨガのレッスンを始めて受けたときに、なんて気持ち良いのだろう。

とすっかりヨガの魅力にはまってしまいました。

それからというもの時間を見つけては、スタジオに通ったり、自分で練習したりと日々、ヨガLIFEを楽しんでいます!


練習をしているとどうしても得意、苦手なポーズがでてきますよね。

私も、得意なポーズばかりをやってしまうので、ここ最近は中でも苦手なポーズ、『開脚前屈』と向き合う時間を作りました。

自己練習では、なかなか思う様にポーズが深まらず、もう出来ないかなと諦めかけていたのですが、ドゥミにはとても知識豊富な先生がたくさんいるので相談してみよう!と思い、中でも身体の事に関していつも相談にのってくれる伊藤 久麗IRに相談してみました。


池袋店では身体の不調や、困った事があると久麗IRに相談をし、アドバイスをもらっています。

身体の事なら久麗先生!というくらいみんな先生にお世話になっています。


先生に相談した所、『ピーちゃんは左の股関節が硬くなりやすいから、まずはお尻の筋肉をほぐして、脚の付け根の柔軟性を高めてから練習してみてね!』
と一瞬にして答えて下さいました。

アドバイス通りに、丁寧にお尻の筋肉をほぐし、脚の付け根をストレッチしてから開脚前屈に挑んだところ…
なんと、すんなりできたではないですか!!!

長年練習してもなかなか深まらなかった開脚前屈が、じっくり身体と向き合うことで胸を床に付くところまでポーズを深める事ができました。

本当にビックリです!!

嬉しすぎて、池袋店のスタッフに駆け寄って報告してしまいました。





 

練習することはもちろんですが、ちょっとしたコツや自分の身体の特性をちゃんと知る事、じっくりと身体と向き合う事で、出来ないと思っていたポーズも出来るようになるんですね。

身体って本当に面白いです。


ちゃんと使ってあげれば、ちゃんと答えてくれます。


みなさんも苦手なポーズがあったら、一度じっくりと向き合ってみて下さい。

自分の身体をちゃんと理解して、使ってあげる事できっと今よりももっとポーズが深まりますよ!

そして、身体の事で困った事や、苦手なポーズがあったら、久麗先生をはじめ、ドゥミの知識豊富な先生にお話ししてみて下さいね!


きっと今よりももっとヨガが楽しくなりますよ!!

PAGETOP
CLOSE

詳細条件からさがす

ご希望の条件を選択の上「検索する」ボタンをクリックしてください。

  •  年
  •  月
  •  日