BLOG 田町・三田店 スタッフブログ

10月を前に 厳しかった残暑も徐々に落ち着き始め、過ごしやすい気候の日が増えてきましたね!
「スポーツの秋」とよくいわれますが、暑すぎず寒すぎず快適に走ることができる秋は、ランニングを始めるのに最適なタイミングです。

春も秋と同じく気候はよいのですが、まもなく訪れる夏の暑さに気力を削がれ、習慣化できなくなってしまうということがままあります。
秋に始める大きなメリットは、「冬に向けて習慣化していける」という点です!

冬は、ランニングのベストシーズン。
寒さで基礎代謝が上がるので脂肪燃焼効果が増すほか、暑いときよりもカラダへの負荷を感じにくく、心地よく走ることができます。
また記録も夏より冬の方がよい結果が得やすい傾向にあるため、駅伝をはじめ多くのマラソン大会が冬に開催されます。

今から始めれば、マラソン大会に向けて調整していくことも可能です!
「そのうち」「そろそろ」と考えていた方は、ぜひこのタイミングでトライしてみてくださいね^^

そしてもちろん 季節がいつであっても、「始めよう!」と思い立った瞬間が、いつでもその方にとってのベストタイミングです♪

こんにちは!

9月も下旬に入り、朝晩と涼しくなってきましたね。日が暮れるのも少しずつ早くなり、秋の訪れを感じている今日この頃です。

さて、今回は私の故郷である岐阜県を紹介したいと思います。岐阜と聞くとあまりイメージがわかなかったり、マイナーな県という印象をお持ちの方も多いのではないのでしょうか?!

がっ!しかし!岐阜県は世界遺産である白川郷合掌村を初め、日本三名泉でもある下呂温泉、ブランド牛で有名な飛騨牛など、自然豊かで美味しい物も沢山ある町です。

そのなかでも今岐阜県で秘かに話題の観光名所となっている「モネの池」について紹介したいと思います。


岐阜県関市板取にあるモネの池は元々根道神社という神社参道脇にある貯水池で、正式な名称はついていない名もなき池でした。

しかし、この池からの湧水の透明度や池に咲く睡蓮が写真を撮った時にまるでクロードモネの描いた睡蓮の絵に似ていると徐々にSNSで話題になり、テレビ番組でも紹介され話題となっています。

私も帰省の際に行ってきましたが、空の雲が池に反射してとてもキレイでした!



鯉も気持ちよさそうに泳いでいて、運が良ければハートの模様をしている鯉を見ることもできるそうです。



皆さまも是非モネの池を見に岐阜県へ遊びに来て下さい!

こんにちは!池袋店の山本です。
ここ最近はだいぶ涼しくなってきて、過ごしやすい日が続いてますね。
皆さまいかがお過ごしでしょうか。

さて、わたくしは先日「ロハスフェスタ2017」に行ってきました☆



ロハスフェスタに行くのは今回で3回目になりますが、毎回期待以上の素敵なお店が沢山出店されていて、テンションMAXです!!
手作りの雑貨や、家具、バッグ、ピアスなどのアクセサリー・・・!!
時間を忘れる位、魅力的なお店ばかりです。
↓これが一目惚れしたコップです♪



また、食べ物ブースも沢山あり、今回はインドネシア料理のナシゴレンを頂いてみました。
ピリ辛で美味しい!!
外で食べるとまた一段と美味しいなと感じます。



その他にも色々食べ歩きをしながら、最後は自家焙煎のアイスコーヒーを頂きました。
焙煎コーヒーの苦さが際立っていて、美味しい~~!幸せです☆☆
↓自前タンブラーに淹れてもらいました。



また来年も行きたいと思います!ロハス最高!!

先日、毎年恒例となっている江ノ島日帰り旅に行ってきました。
台風が近づいていたので悩みましたが、「私達の今年の夏休みは今日しかない!」ということで、強行突破で決行しました!

一緒にワイワイしながら行くはずだったのですが、電車を乗り間違えて遠くへ1人旅。
そんなちょっとしたハプニングがありましたが、無事に現地で集合できました^^;

今にも雨が降りそうな曇り空の中、黒い海で遊び…
お昼は念願のとびっちょ本店のかき揚げ生シラス丼を食べ…
長い歳月を経て波の浸食でできた岩屋を巡り…

終いには、ドクターフィッシュに私達の溜まった角質を食べてもらいました。
初体験のドクターフィッシュは何とも言えない感触だったので、しばらく身体が固まりました。(笑)

天気は良くなかったですが、とても楽しめた厄年女達の旅でした(^^)


走っていて、靴ずれやマメに悩まされたことはありませんか?
根本的な原因はさまざまですが、いずれも足裏の摩擦によって起きるものです。
本日は、摩擦が起きやすくなる原因と対策をご紹介します!
------------------------------------------------------
~ランニング時の摩擦の原因~

■フォームの偏り
体軸がぶれて左右で負荷が違ったり、足裏の特定の部分に負担が偏っていると摩擦が起きやすくなります。
フォームのバランスが気になる方は、クラブでスタッフまでお気軽にご相談くださいね。

■シューズのサイズが合っていない
きつすぎても不要な摩擦が生じ、ゆとりがありすぎると、中で足が動き摩擦が増えます。
つま先で合わせようとすると きついものを選んでしまいがちなので、かかとのフィット感を重視して選びましょう。

■靴紐の締めすぎ
ぎゅーっと締めすぎると、圧迫されて血液の循環が悪くなり、締めすぎによる摩擦も手伝ってマメができやすくなってしまいます。
靴紐は下から順に、適度に締めていくことが大切です。

■シューズ内のムレ
走っていると、足を湿らせて乾燥している時よりもマメができやすくなってしまいます。
通気性のよいシューズを選んだり、休憩のタイミングで靴下を履き替えたりするなどの対策があります。
------------------------------------------------------
足裏のマメは必ずしも悪いクセが原因とは限らず、フォームに問題がなくても、走り込みで皮膚に過度な負担がかかってできるケースもあります。
走り込むほど皮膚は硬くなっていくので、毎日の継続が、長期的には一番のマメ対策になるかもしれませんね^^

PAGETOP
CLOSE

詳細条件からさがす

ご希望の条件を選択の上「検索する」ボタンをクリックしてください。

  •  年
  •  月
  •  日